Main Menu

14匹の狼が再生した自然

1995年14匹の狼が放たれた。23年後人々は目を見張った。

狼は多くの動物にとって脅威となります。しかし同時に、多くの生命を救っているということはあまり知られていません。

1995年14匹の狼が公園に放たれました。放たれた狼は、繁殖して増えていた鹿を次々に捕食して行きます。ここまで読めば残酷と思われるでしょう。
しかし、鹿の旺盛な繁殖力と草食能力で失われていた草原や森林が徐々に回復。


やがて再生した森林には、小さな動物が戻り、次いで鳥や大きな動物が戻ってきたのです。そうして23年後、回復した森は、そこを流れていた川のかたちまで帰るようになったのです。ぜひ映像をご覧ください。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。