Main Menu

崩壊する百年安心年金

04年、厚生年金を毎年0.354%、13年かけて18.3%に上げる。結果「現役世代の平均手取り収入」50%を上回る給付水準を維持しつつ、積立金を取り崩し100年間で支出(給付)と収入(保険料)を釣り合わせ「破綻」を防ぐ。森厚労副大臣(当時)は04年4月国会で「100年後でもぜったい大丈夫」と言い切った。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。