Main Menu

台湾におけるCOVID-19対応

Response to COVID-19 in TaiwanBig Data Analytics, New Technology, and Proactive Testing

米国で最も権威のある医学・医療雑誌『JAMA』公式ウェブサイトに3日、米スタンフォード大学の王智弘(Jason Wang)准教授が執筆した台湾における新型コロナウイルス対策を紹介する文章が掲載された。

以下は、 JAMA. Published online(米医療雑誌『JAMA』 )に掲載された内容の機械翻訳です。

2020年3月3日
台湾におけるCOVID-19への対応
ビッグデータ分析、新技術、プロアクティブなテスト

台湾は中国本土から81マイル沖にあり、中国に近接しており、中国間のフライト数も多いことから、コロナウイルスによる感染症の発生数は2019人(コバト-19)で二番目に多いと予想されていました。台湾には2300万人の市民がいて、そのうちの850 000人が中国に居住し、404 000人が中国で働いている。 2019年には、大陸から271万人の観光客が台湾を訪れた。2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行以来、台湾は常に警戒を怠らず、中国からの流行にも積極的に対応してきたが、COVID-19が世界中に広がり続けていることを踏まえると、台湾で迅速に実施された対策項目を把握し、大規模な流行を予防する上での有効性を評価することは、諸外国にとって有益であろう。

COVID-19は旧正月の直前に発生したもので、旧正月には数百万人の中国人と台湾人が旅行すると予想されていた。台湾では、公衆衛生を保護するために、症例の特定、封じ込め、資源配分のための具体的なアプローチを迅速に実施した。台湾は国民健康保険データベースを活用し、移民税関データベースと統合し、分析用のビッグデータの作成を開始した。旅行歴と臨床症状に基づいて、臨床訪問中にリアルタイムでアラートを生成し、症例の特定に役立てる。また、QRコードのスキャンや、旅行歴や健康症状のオンライン報告などの新技術を利用して、過去14日間のフライトの起源や旅行歴に基づいて旅行者の感染リスクを分類した。リスクの低い人(レベル3警戒区域への移動なし)には、SMS(ショートメッセージサービス)メッセージで健康申告用の国境通過証が携帯電話に送られ、入国審査が迅速化された;リスクの高い人(レベル3警戒区域への最近の移動)は自宅で隔離し、携帯電話で追跡して潜伏期間中は自宅にいることを確認した。

さらに台湾では、インフルエンザ感染陰性でCOVID-19の再検査を受けた重症呼吸器症状(国民健康保険[NHI]データベースの情報に基づく)患者を積極的に探索することで、COVID-19の症例数を増やした;113例中1例であった。フリーダイヤル1922番は、疑わしい症状や事件を自分や他人に通報するためのホットラインでした。病気が進行するにつれて、このホットラインは定員に達したため、代わりに各主要都市が独自のホットラインを設けるよう求められました。このホットラインがどのくらいの頻度で利用されたかは不明である。政府は、食料の提供、頻繁な健康診断、隔離されている人々への励ましによって影響を受けた人々に対する病気の汚名と同情の問題に取り組んだ。この迅速な対応には、何百ものアクションアイテム(追補eTable)が含まれていました。

危機の認識
SARSが発生した翌年の2004年に、台湾政府は国民健康コマンドセンター(NHCC)を設立した。NHCCは、大規模なアウトブレイクへの対応に焦点を当てた災害管理センターの一部であり、中央、地域、地方の当局間の直接的な連絡のための作戦指揮所として機能する。NHCCは、中央伝染病指令センター(CECC)、生物病原体災害指令センター、生物テロ対策指令センター、中央緊急医療活動センターを含む中央指令システムを統合した。

2019年12月31日、世界保健機関 (WHO) に中国の武漢で原因不明の肺炎が報告されると、台湾当局は飛行機に搭乗し、武漢からの直行便の乗客が飛行機から降りる前に、発熱と肺炎の症状がないかどうかを調べ始めた。2020年1月5日には、通報の範囲が拡大され、過去14日間に武漢に旅行し、入国時に発熱または上気道感染の症状があった個人が含まれるようになった。疑い例をSARS,中東呼吸器症候群(MERS)を含む26ウイルスでスクリーニングした。発熱と咳の症状を示す乗客は自宅で隔離され、病院での治療が必要かどうかが評価された。1月20日、中国から散発的な症例が報告されたが、台湾疾病管理センター(CDC)は、保健福祉相を司令官に任命し、NHCCの下でCECCに重症特別感染性肺炎の発令をした。CECCは、交通・経済・労働・教育省や環境保護局などの各省庁の取り組みを調整し、新たに発生しつつある公衆衛生危機に対処するための包括的な取り組みを行った。

危機管理
過去5週間(1月20日~2月24)にわたり、CECCは、空と海からの国境管理、症例の特定(新しいデータや技術を使って)、疑わしい症例の隔離、積極的な症例発見、資源配分(容量の評価と管理)、誤った情報と闘いながらの国民の安心と教育、他の国や地域との交渉、学校や保育に対する政策の策定、企業への救済など、少なくとも124の行動項目(追補eTable)のリストを迅速に作成し、実施してきた。

国境管理、事案の特定、封じ込め
1月27日、国民健康保険管理局(NHIA)と入国管理局は、患者の過去14日間の旅行歴とNHIAのNHI-IDデータを統合した;これは1日で達成された。台湾の住民登録制度と外国人入国カードのおかげで、政府は被災地への最近の旅行歴のためにリスクの高い個人を追跡することができた。高リスク(国内検疫中である)と判定された患者は、携帯電話を通じて電子的にモニタリングされた。1月30日にNHIAデータベースが拡張され、中国、香港、マカオの患者の過去14日間の旅行歴をカバーした。2月14日には入国検疫制度が開始され、オンラインフォームにつながるQRコードを読み取ることで、台湾空港の出発前や到着時に健康診断を受けることができる。その後、携帯電話の健康申告パスがSMS経由で現地の通信事業者の電話に送信され、最小限のリスクで入国審査が迅速になりました。このシステムは72時間以内に作られた。2月18日、政府は台湾のすべての病院、診療所、薬局が患者の渡航歴を閲覧できるようになると発表した。

資源配分:ロジスティックスとオペレーション
CECCは、マスクの価格設定、政府資金や軍人によるマスク増産など、資源配分に積極的な役割を果たした。1月20日、台湾のCDCは4400万の手術用マスク、190万のN95マスク、1100の陰圧隔離室を政府が管理していると発表した。

コミュニケーションと政治
誤った情報と闘いながら、国民を安心させ、教育する
CECCは毎日、保健福祉部長官による記者会見のほかに、著名な疫学者である台湾の副主席が大統領府から定期的に公共放送を行い、インターネットでも公開した。これらの発表には、いつどこでマスクを着用すべきか、手洗いの重要性、最前線の医療従事者がマスクを入手できなくなることを防ぐためにマスクを保管する危険性が含まれていた。CECCはまた、学校、企業、一時帰休労働者(追補eTable)を支援する計画を立てた。

これまでの台湾の成果(2月24日現在)
暫定的な成果
CECCは、明確かつ思いやりのある方法で一般市民に情報を伝えてきた。台湾世論財団が2月17日と18年に無作為に選んだ1079人を対象に行った世論調査によると、危機への対応を評価した保健福祉部長官の支持率は80%を上回り、大統領と首相の支持率は全体で70%近くに達した。2月24日現在、台湾では30件のCOVID-19症例が発生しており、これらの症例数は影響を受けた国の中で10番目に多い症例数であるが、台湾が二番目に輸入リスクが高いと予測していた初期モデルよりははるかに少ない。

課題
第一に、リアルタイムの公共コミュニケーションは主に北京語と手話で行われた。台湾CDCのウェブサイトのほかには、台湾を旅行したり台湾に居住したりしている台湾人以外の人々とのコミュニケーションが十分ではなかった。第二に、台湾は航空旅行に重点を置いていたが、ダイヤモンド・プリンセス号の接岸を認め、1月31日に日本に向けて出航する前に新北市基隆で下車することを認めた。その後、船内で多数の感染が確認された。これが一時的なパニックを引き起こし、コミュニティの拡大を懸念した。政府は、クルーズ船の乗客が訪れた可能性のある50の場所を公表し、ツアーグループと接触した可能性のある市民には、必要に応じて症状の監視と自主検疫を行うよう求めた。14日経過後にCOVID‐19を有することを確認した者はいなかった。第三に、これらの政策の集約的な性質が流行の終わりまで維持され、国民に受け入れられ続けるかどうかは不明である。

結論
台湾政府は、2003年のSARSの経験から教訓を得て、次の危機に迅速に対応するための公衆衛生対応メカニズムを確立しました。十分な訓練と経験を積んだ当局のチームは、危機を迅速に認識し、新たなアウトブレイクに対処するために緊急管理体制を活性化した。

危機において、政府はしばしば不確実性と時間的制約の下で困難な決定を下す。これらの決定は、文化的に適切であり、かつ住民に敏感でなければならない。危機を早期に認識し、国民に毎日説明し、簡単な健康メッセージを送ることで、政府は、進化する流行病に関するタイムリーで正確かつ透明な情報を提供し、国民を安心させることができた。台湾は、社会が危機に迅速に対応し、市民の利益を守る方法の一例である。

Article Information
Corresponding Author: C. Jason Wang, MD, PhD, Stanford University, 117 Encina Commons, CHP/PCOR, Stanford, CA 94305 (cjwang1@stanford.edu).

Published Online: March 3, 2020. doi:10.1001/jama.2020.3151

Conflict of Interest Disclosures: None reported.

References
1.
Gardner L. Update January 31: modeling the spreading risk of 2019-nCoV. Johns Hopkins University Center for Systems Science and Engineering. Published 2020. Accessed February 20, 2020. https://systems.jhu.edu/research/public-health/ncov-model-2
2.
Pan T, Yeh J. Number of Taiwanese working in China hits 10-year low. Focus Taiwan. Published December 17, 2019. Accessed February 21, 2020. https://focustaiwan.tw/business/201912170022
3.
Statistics on the number of Chinese people working overseas in 2018 [in Chinese]. News release. Directorate General of the Budget and Accounting; December 17, 2019. Accessed February 21, 2020. https://www.dgbas.gov.tw/public/Attachment/91217104242H1AK10HM.pdf
4.
Wang S, Lin K. Foreign visitors to Taiwan up 7% in 2019. Focus Taiwan. Published January 6, 2020. Accessed February 20, 2020. https://focustaiwan.tw/society/202001060014.
5.
NHCC [National Health Command Center]. Taiwan Centers for Disease Control. Updated February 1, 2018. Accessed February 22, 2020. https://www.cdc.gov.tw/En/Category/MPage/gL7-bARtHyNdrDq882pJ9Q






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です